履歴書の書き方

このエントリーをはてなブックマークに追加   

履歴書の書き方にはポイントがある!


就職やアルバイトの面接時に必要になる「履歴書」。 経営者や採用担当者はそれこそ数百枚、数千枚の履歴書を見ています。
採用側はあなたの学歴や年齢、資格だけを見ているかと言えばそうではありません。

文字一つにしたってその人の人柄が出てきます。
共に仕事をしていくという事において人柄は非常に大切な事です。

雑な人に責任のある仕事は任せられませんし、一緒に仕事をしたくありません。
採用側は「丁寧」で尚且つ「構成」のしっかりとした履歴書に好印象を受けるのです。

就職の難しい時代。
アルバイトでさえも採用の倍率が高い職場は多数あります。
その中で勝ち抜くにあたって履歴書の書き方は最初の関門です。

特技・資格・学歴が他の希望者より劣っていたとしても書き方次第では採否が変わっていきます。
同等の経歴の場合はさらに履歴書の印象で採否が大きく影響する事になります。

単純にスペックだけを見て採否を決定するのであれば履歴書なんて必要ないでしょう。企業が雇用するのは機械ではなく人間です。
経歴では計れない人間性を見ていると考えて下さい。履歴書はあなたらしさを存分に発揮できる声無き面接場なのです。

スポンサーリンク

学歴欄はいつからでもいいわけではなかった

履歴書内の経歴の欄で一番最初に書くのは学歴です。

採用側がここで見るポイントは人柄ではなく単純に経歴です。
基本ですが大事な事ですので学歴の書き方は覚えておきましょう。


>>記事の続きを読む<<


志望動機=あなたの人間性!

履歴書に一番人間味が出る箇所が志望動機の欄です。

あなたがその企業を選んだ理由は何でしょうか?
アルバイトでもパートでも新卒でも「自分にとって好条件だから」というのが大まかな理由でしょう。
それをどんどん掘り下げていくのが履歴書の志望動機欄です。


>>記事の続きを読む<<


職歴によって会社サイドがあなたの見え方が変わるって本当?!

履歴書の学歴を書き終えた後に書くのが職歴です。
アルバイト・パート・社員の経験全て書くのが望ましいです。
企業側がしりたい事とは今まであなたが何をしてきたのかという事と同時にどのように仕事に取り組んできたのかという事も知りたいのです。


>>記事の続きを読む<<


一番最初に見られる箇所が写真

人は見た目ではありません。しかし雰囲気は履歴書にとって大事な事です。
運転免許証の写真や証明写真を思い出してください。なんとなく暗い感じの仕上がりになっている人が多いのではないでしょうか。

それは照明の関係やカメラのスペックにも原因がありますがあなたの表情でかなり雰囲気は変化します。
基本的な事ですが撮影時の服装や髪型にも気を使ってください。あまり派手すぎず清潔感のある服装や髪型が採用側に好印象を与えます。


>>記事の続きを読む<<


自己PR欄には何を書けば良いのか?

「自分が一体何者なのか」という事を自分で表現する必要があります。それは新卒でもアルバイトでもパートでも同じ事です。
履歴書内の学歴や職歴という形式的な自己紹介よりも、あなた自身の言葉で自己紹介をして下さい。

難易度は新卒よりもアルバイト・パートの方が難しいと思います。
新卒者の場合、就活生という自己紹介が出来ますが、フリーターの自己紹介は千差万別です。
自分がなぜ非正規雇用なのかという事を前向きに履歴書に書きましょう。


>>記事の続きを読む<<


趣味・特技を書いてプライベートを知ってもらおう

話した事もない人に自分の趣味を言うのは恥ずかしいと思う人もいるかもしれません。
しかし履歴書作成のコツは少々自信過剰になることなのです。
履歴書にあなたの趣味・特技であるゲーム、読書、旅行、スポーツを表記するのは別に恥ずかしい事ではありません。
「無趣味」なんて味気の無い人より断然良い印象を与えます。
もし採用側の人間と趣味・特技が合致すれば面接の際も打ち解けられますし、入社後もコミュニケーションが取りやすくなります。
単純にゲーム、読書、旅行、スポーツと書くよりも、その趣味・特技によって何を得られたかという事を書ければ履歴書の雰囲気はグッと変わるでしょう。


>>記事の続きを読む<<


免許・資格欄の書き方は?

履歴書に書く免許・資格は応募する企業に関係している事が望ましいです。
学歴よりも免許・資格を重視する企業は少なくありません。それは即戦力として見ているからです。

関係ない免許・資格は書いてはいけないのか?というと一概にそうとは言えません。
もし関係ない免許・資格を履歴書に書く場合は、「書ける免許・資格がない場合」です。履歴書は空欄より埋まっている方が「マシ」です。
かといって原付の免許や英検2級未満などを書くのは採用側を失笑させてしまいます。
履歴書の見栄えを良くする為に取得難易度がやや高い免許・資格を書くことも一つの手段と心得ましょう。


>>記事の続きを読む<<


パートやアルバイトの場合履歴書はどう書けば良いの?

雇用形態に関係なく履歴書に大事なのは「意欲」です。
しかし社員希望としての履歴書、バイト・パート希望の履歴書の書き方は違ってきます。
意欲の感じさせる書き方を使い分けれるようにしましょう。

また、バイト・パートは似て非なる雇用形態という点も抑えながら正しい履歴書の書き方を指南します。
企業側が何を求めているのかという事を知ることでどんな雇用形態の履歴書も書けるようになります。


>>記事の続きを読む<<


転職用の履歴書で大事なポイントは?

世論調査によると転職経験がある人は50%を越えるそうです。
転職用の履歴書は新卒用の履歴書とは見られ方がまるで違います。
その違いは新卒用の履歴書は「自己PR」や「志望動機」が重要になり、転職用の履歴書は「スキル」や「職歴」を注視されるという違いです。
勿論転職用の履歴書も自己PRや志望動機は重要になってきますが企業からすると「新卒者」「転職者」は捉え方が違うのです。
雇用形態は同じでも転職者は一度社会に出た人間として、履歴書の書き方、面接、果ては仕事の教え方も新卒者のそれとは変わっていきます。


>>記事の続きを読む<<


パソコンor手書き、どっちが良い?

キノコの山か?たけのこの里か?永遠のテーマは様々あります。
履歴書は手書きがいいか?パソコンがいいか?明確にどっちがいいかは決まっていません。
どっちという二択ではなく使い分ける事が正しいと思います。

世間が思う手書き・パソコンのイメージはなんだと思いますか?履歴書を送る企業はどんな企業ですか?
この二つを抑え柔軟な考えで履歴書作成に取り組みましょう。


>>記事の続きを読む<<

スポンサーリンク

職務経歴書と履歴書の違い

履歴書の職歴と別紙の職務経歴書の違いはざっくりか、詳しくかという違いだけです。
履歴書の職歴の欄に書ききれない業務やスキルなど職務経歴書に書いて下さい。
あなたがしてきた仕事が専門的であればあるほど職務経歴書が真価を発揮します。
採用側はあなたのしてきた仕事を理解した上で採否を考えます。
ですから経歴は具体的かつ分かりやすい事に越した事はありません。


>>記事の続きを読む<<


最適な履歴書の折り方とは

日本の礼儀作法として、人に渡す紙を折らないという作法があります。
履歴書も同じであまり折る事はよしとされません。つまりA3サイズの履歴書の二つ折りがベストなのです。

しかし封筒のサイズや履歴書のサイズによって折らなければならない場合が生じます。
折り方は二つ折り?三つ折り?四つ折り?五つ折り?
あまり折りすぎてもいけません。多くても三つ折り、四つ折りに留めてください。

折り方にも作法が出てきます。この作法を知る事が採用側の配慮にもなるのです。


>>記事の続きを読む<<


送付する際の送付状の書き方

履歴書と共に書く送付状。アルバイト応募の履歴書で書いている割合は10%も無いそうです。
それは若い方が送付状の書き方どころか存在すら知らないということに起因しています。しかし書いたほうが確実に採用確立は上がります。

送付状とは別名送り状、添え状などと呼ばれます。簡単な挨拶文のようなものです。
新卒の方や社員希望の方は送付状必須となります。社会人のマナーにあたる書類となります。

書き方は千差万別ですが、内容の骨組みをこの項目で覚えていきましょう。


>>記事の続きを読む<<


諸々の日付の付け方

履歴書の中身すら見られないで捨てられてしまうパターンがあります。
まず字が汚いこと。もう一つはルールにのとってないことです。
なにも捨てなくても…そう思われる方もいるかもしれません。

しかしこう考えて見てください。
あなたが父親だとして、娘が彼を紹介すると言い特攻の拓みたいなヤンキーを連れてきたらどう思いますか?
例えとらやの羊羹を持参してきたとしても話しを聞こうなんて思いませんよね。

履歴書における明確なルールは確定的なことです。
確定的な事とは「日付け」等があります。「和暦か西暦か」「持参か郵送か」でもまた変わってくるのです。

日付けだって、面接日か郵送日か履歴書を書いた日かどれでも言い訳ではありません。
履歴書の日付欄はほとんどが和暦で書くように出来ています。まずはルールを紐解いていきましょう。


>>記事の続きを読む<<


封筒の種類、入れ方、書き方

履歴書を完璧に仕上げても、まだ安心してはいけません。履歴書を入れる封筒にも気を配らなくてはいけません。
封筒の色、サイズ、書き方、入れ方などに礼儀があります。手渡しか郵送によっても書き方が変わってくるのです。

履歴書の入れ方一つで採用側の印象は変わってきます。手渡しにしても郵送にしても封筒は履歴書の顔のようなものです。
しなくてはいけないこと、しなくてはならないことをこの項目で覚えていきましょう。


>>記事の続きを読む<<


正しい送り方

履歴書には送り方が二通りあります。
多くが郵送ですが最近ではメールでの応募というパターンもあります。

書き方は普通の履歴書と同じです。
郵送じゃなくメールと聞いて戸惑う方も多いと思いますが、メールの方が手間は格段に減ります。

手書きじゃないと履歴書の内容を雑にしてしまう人が多いようです。
だからこそ、他の履歴書と差をつけられる送り方でもあるのです。
メール、郵送とどちらも丁寧に書き好印象を獲得しましょう。


>>記事の続きを読む<<


郵送する場合

履歴書の書き方に戸惑ってしまい応募期日ギリギリという人や、履歴書がちゃんと届いたかどうか確認したいという人に「速達」「書留」という手段があります。
履歴書の書き方を覚えて気の焦る気持ちは分かります。履歴書が入った封筒をポストに入れ、「届くかなぁ」と不安になる事もあるでしょう。
書留も速達もメリット・デメリットがあります。履歴書の封筒に「速達」と書かれていたら採用側はどう思うでしょうか?
今回はメリット・デメリットを説明していきます。


>>記事の続きを読む<<


サイズはB5?A4?

履歴書を購入する時に「サイズが色々ある…」と戸惑った経験はないでしょうか?
履歴書には様々なサイズの用紙があります。一般的な履歴書のサイズがB5・A4です。
どっちのサイズが正しいのかというと、どっちを使用しても大丈夫です。

なぜ用紙にB5・A4などのサイズがあるのか?どっちが書きやすいのか?今回の項目ではそれを解説していきましょう。


>>記事の続きを読む<<


印鑑を押す(捺印)前に確認しておくこと

履歴書によっては印鑑を必要とするものもあります。
その場合、捺印方法は?捺印失敗には?ずれ、かすれにも注意してください。
シャチハタは基本的に悪印象を与えかねません。

履歴書において印鑑はそこまで重要ではありませんが、
ずれ、かすれ、シャチハタでの捺印は失礼にあたります。
履歴書の内容とは関係ないところで採用されないなんて事がない様に正しい印鑑の種類や捺印法を抑えていきましょう!


>>記事の続きを読む<<


英語での書き方の注意点

英語が得意な方でも難しいと言われる英文履歴書。
しかし外資系や海外の企業が人気の今、英語での会話は勿論、履歴書も英文でなければいけません。
書き方にも日本の履歴書の書き方とはかなり違ってきます。
日本語で書いた履歴書を英訳するだけでは採用に至りません。
英語圏の履歴書の特徴や書き方などを覚えていきましょう。


>>記事の続きを読む<<

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加