バイト(アルバイト)、パートの際の履歴書

このエントリーをはてなブックマークに追加   

バイト(アルバイト)やパートの場合の履歴書の書き方


アルバイトの履歴書、パートの履歴書。
書き方は様々です。

雇用形態に関係なく履歴書に大事なのは「意欲」です。
しかし社員希望としての履歴書、バイト・パート希望の履歴書の書き方は違ってきます。
意欲の感じさせる書き方を使い分けれるようにしましょう。

また、バイト・パートは似て非なる雇用形態という点も抑えながら正しい履歴書の書き方を指南します。
企業側が何を求めているのかという事を知ることでどんな雇用形態の履歴書も書けるようになります。

スポンサーリンク

アルバイトの履歴書は「柔」パートの履歴書は「頼」。 


アルバイトとパートの多くが時給換算で給料をもらいます。
なので同等に思われがちですが、パートにはアルバイトより「信頼」も兼ね備えています。

パートのシフトの特徴は定日出勤の為か責任のある仕事を任せられる事が多いのです。
変な話、社員より仕事が出来たり発言力があったりする場合が多々あります。

パートの履歴書は社会性を含めた信頼感が必要になります。
アルバイトの履歴書は素直さを出しましょう。

仕事を教えやすそうな固すぎず、緩すぎずというバランスの取れた履歴書作りを心掛ける事が大事です。

アルバイトの履歴書で一番大事なこと。

アルバイト希望者の履歴書で注視される点は
  • 顔写真
  • 年齢
  • 職歴
などがあがります。

資格や免許をアルバイトに求める企業はまずありません。
要は「仕事を教えやすいか否か」という一点に尽きます。
例を挙げればイケイケのヤンキー、高齢者、堅すぎる職歴の人間に仕事を教えるのは難しいと採用側は思ってしまいます。
顔も年齢も職歴も自信が無いという人は、なぜここで働きたいのか?という理由を履歴書に書ければ印象は変わるでしょう。

スポンサーリンク

パートの履歴書は丁寧すぎるくらいがちょうどいいのです。

パートは先述したように社員と密接な関係になります。
共に働く日数が長いという事はやはり打ち解けやすい人が一番です。

しかしながら責任という観点から、打ち解けやすい上に真面目な人が好まれます。
パートの履歴書はある程度職歴もあり、さらにパートとして働く理由が求められるところです。

履歴書の字は出来るだけ丁寧に、自己PRや志望動機も趣味・特技を織り交ぜながら書くと採用に近づきます。

学生、主婦の履歴書は頭を練らなくても大丈夫?
重要な二つの事。

学生や主婦の履歴書は比較的書きやすいと思います。
それは社会的地位があるということに起因してきます。
その部分で一つの信頼を得られるのです。

しかし学生や主婦の場合、労働出来ない時間帯があります。
したがって応募する企業の特質を見抜き、就業してほしい時間を照らし合わせることが重要になってきます。
企業の求めている時間帯とあなたの働ける時間帯が合致したら採用される割合はフリーターよりもやや高くなります。
履歴書内で注意すべき箇所は「時間」と「曜日」です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加