履歴書の書き方/英語編

このエントリーをはてなブックマークに追加   

英語での履歴書の書き方


英語での履歴書。通称レジュメ。
お洒落な言葉とは裏腹に書き方は難しい。

英語が得意な方でも難しいと言われる英文履歴書。
しかし外資系や海外の企業が人気の今、英語での会話は勿論、履歴書も英文でなければいけません。
書き方にも日本の履歴書の書き方とはかなり違ってきます。
日本語で書いた履歴書を英訳するだけでは採用に至りません。
英語圏の履歴書の特徴や書き方などを覚えていきましょう。

スポンサーリンク

英語を使う文化圏は履歴書の書き方も文化違い?


英語の履歴書を書くという試みがあるのですから、英語は得意な方が多いと思います。
しかし、英語圏の人間というのは仕事に対してとても冷静です。
情熱だとか感情論は求めていません。スキルを何よりも求めてきます。

自分がその会社に入り何が出来るか?他の人間より優れているスキルは?
そういった具体的なことだけをを書くのが英語圏の履歴書です。
日本風で書いてしまうと文化の違いが浮き彫りとなり
採用されにくくなります。

英語圏の履歴書は厳しかった!?
Visa Status(ビザの有効期限)の書き方。

海外の大学に行っている学生やワーキングホリデーの方が履歴書内で必ず書かなくてはいけない項目は、Visa Status(ビザの有効期限)です。
英語圏の国は、外国人労働者に対して審査を厳しくしている傾向があります。
ですからビザやパスポートは提示の必要がありますし、それに伴いVisa Status(ビザの有効期限)の明記も必要になってきます。

履歴書の文頭か文末に「Expiration Date:ビザの有効期限」このように書きましょう。

スポンサーリンク

英語圏ではJob Duties(前職の職務)が履歴書最重要項目になり得ます。

英語圏の履歴書は即戦力を強く求めています。
新卒者は大学でなにを研究していたかを、転職者はJob Duties(前職の職務)が、なんだったかを明記して下さい。

Job Duties(前職の職務)を書いた上で実績やスキルを書く事も重要です。
別業種からの転職は日本よりも厳しい目で見られる事が多いのでご注意を!

英語での履歴書内objectiveのニュアンスは若干違う?
正しい書き方、捉え方。

英語圏ではobjectiveを明確にして下さい。
履歴書の書き方も謙遜などはいりません。

英語圏の履歴書の扱いは日本に比べ、非常にシンプルです。
採用担当者は履歴書を読み込んだりしません。
Job Duties、Skill、objectiveをぱっと見て判断します。

よく日本人が冗談でタイム・イズ・マネーと言いますが、外国のビジネスマンはこの言葉を常に頭に置いています。
日本人でいう「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」の風習と同じです。

objectiveの書き方はあなたが会社に貢献できる事を具体的に書く事が肝要です。
objective=目的ですがニュアンスは「貢献」に近い意味と捉えて下さい。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加