履歴書の学歴欄

このエントリーをはてなブックマークに追加   

履歴書の学歴の書き方/いつから書けば良いの?


いつからでもいいわけではありません。
履歴書の学歴欄の書き方はあるのです。

履歴書内の経歴の欄で一番最初に書くのは学歴です。
大学院、大学、高校、中学、小学校と遡れるかと思います。
その中でいつからの学歴を書けばいいのかというと義務教育である小学校から書けば問題ありません。
なお義務教育(小学校・中学校)の記載は卒業時の年/月、学校名で構いません。
高校以降の学歴は入学・卒業の年/月、学校名を書いて下さい。

採用側がここで見るポイントは人柄ではなく単純に経歴です。基本ですが大事な事ですので学歴の書き方は覚えておきましょう。

スポンサーリンク

学歴欄の書き方で履歴書の質は変わります


履歴書の学歴欄が高校or大学入学・卒業のみ記載という方が多いそうです。
「採用側は小学校の経歴なんて求めていないだろう。」という考えからでしょうか。
そんな事はありません。
採用側は応募者の学歴の書き方をちゃんと見ています。

小・中学校の卒業年月日を書かなかったけど採用されたという人もいるのかもしれませんが書いて損する事はありません。
寧ろ義務教育からの記載で採用側に「丁寧」「常識的」という好印象を与える事が出来ます。
進んで書くことを勧めます。

在学中の人は履歴書の学歴欄が重要です

現在、学生の方の履歴書の書き方は例えば大学生の場合、
平成○年○月 ○○大学○学部入学
と書きその下の欄に
現在、○○大学 ○学部在学中と書いて下さい。(この欄に年/月は必要ありません。)

履歴書はより正確に書くことで採用側に好印象を与えます。
学歴の欄に学部から在学中まで書く事はあなたの情報をより鮮明にし採用の一助になるでしょう。

スポンサーリンク

学歴欄での「中退」はマイナス印象?
中退者の履歴書

様々な理由により学校を中退するという事もあると思います。
履歴書には書きづらいと思う人もいるかもしれません。
しかしマイナスに捉えてしまい中退という事実を偽ってしまってはいけません。
履歴書に虚偽の事実を書くという行為は犯罪です。
虚偽がばれてしまった場合即時解雇される恐れがあります。

確かに学歴欄に中退と書くと印象が良くなるという事はありません。
それは単純に中退という事実だけを挙げればという観点からです。
採用側が知りたいのは中退した理由です。
その理由を明確に書き、さらにそのマイナス要素をバネにする志望動機があればその想いはきっと採用側に届くと思います。

アルバイト応募の履歴書も丁寧に。
学歴より丁寧さが注目されます

アルバイトの面接だからといって履歴書は適当に書いていいというわけではありません。
履歴書において社員雇用・アルバイト雇用どちらにしてもしっかり書くことで今後のあなたの礼節や常識が培われます。

例えば飲食店は経営形態的に社員よりアルバイトが多く、営業をアルバイトが支えていると言っても過言ではありません。
飲食店の採用側はアルバイト応募者の学歴を注視します。

「○○大学の学生は真面目な子が多い」や、「○○学部だからコミュニケーション力が高そう」など考慮します。
学歴は採用に大きなファクターになりえることもあります。 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加