履歴書の自己PR(自己紹介)欄

このエントリーをはてなブックマークに追加   

履歴書のベストな自己PR(自己紹介)の書き方について


自己PRは履歴書の裏番長。
新卒者とバイト・パートの明確な違い!

「自分が一体何者なのか」という事を自分で表現する必要があります。
それは新卒でもアルバイトでもパートでも同じ事です。
履歴書内の学歴や職歴という形式的な自己紹介よりも、あなた自身の言葉で自己紹介をして下さい。

難易度は新卒よりもアルバイト・パートの方が難しいと思います。
新卒者の場合、就活生という自己紹介が出来ますが、フリーターの自己紹介は千差万別です。
自分がなぜ非正規雇用なのか?という事を前向きに履歴書に書きましょう。

スポンサーリンク

履歴書は「裏付けのある」自己PRが大事です。


自己PRは自信だけではいけません。あなたのこれまでの経験が応募企業の業績に繋がるかもしれないと思わせる事が重要なのです。

独りよがりでは採用側はしらけてしまいますし、
「〜思います。」
「かもしれません」
という曖昧な表現は出来るだけ使わないようにしましょう。

履歴書における自己PR欄は自己紹介とあなたの経験を兼ねた項目です。

「○○で○○をしていて、○○という実績(経験)を残し人間性を高めました。これらの経験を元に貴社の経営の一助になれればと思い志望しました。」
このような具体的な自己PRが採用側にとって安心できる履歴書になります。

新卒者にありがちな形式的な履歴書。
自己PRで差別化を図って下さい。

採用側が新卒者の履歴書を見る時に注意するのは、学校で何を学んできたのか?という点です。
全く関係のない勉強をしていたとしてもサークル活動や在学中の経験を元に自己PRしていくのも一つの手段です。
ただ単位を取得し卒業まで過ごしただけの新卒者よりアクティブな人間の方が当然好まれます。
自己PRする事がない人なんて本当はいません。

在学中に経験したアルバイトや旅行だって書き方によってはあなたの武器になります。
人の人生、行動は唯一無二と考え、些細な事でも大袈裟に書くのも履歴書攻略の一つです。

スポンサーリンク

アルバイト希望者の履歴書・自己PRは穴だらけ。

アルバイト希望者は履歴書の自己PRに力を入れない傾向があります。
乱暴な言葉を使ってしまうと「なめている」という理由からです。
しかし自己PRを真剣に書くことにより、そのアルバイト先での第一印象や付き合い方に違いが出てきます。
何事も真剣な人は好まれるのです。
確かにアルバイトの履歴書は志望動機・自己PRに「特になし」と書いても採用される場合もあります。
しかし今後あなたの働く環境を良くしたいと思うのなら真剣に自己PRする事が得策です。

パート希望者の履歴書の見られ方。
自己PRで強調すべき点。

パートタイマーに対し企業が望む事は勤勉さです。
それは必ずしもパートだけではありませんが、パートという雇用形態はアルバイトよりも労働時間が長い為、勤勉さが顕著に注目されます。
パート希望の自己PRは未経験者よりパート経験者が優遇されます。
それは労働時間のリズムを知っているかいないかの差です。
アルバイト経験のみの人間がパートに切り替えると身体が着いていかないこともあります。
ですからパート採用側は、経験の有無を履歴書内で注視するのです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加