履歴書と職務経歴書

このエントリーをはてなブックマークに追加   

履歴書と職務経歴書の違いとは?


履歴書との違いは?
職務経歴書という自己PR。

履歴書の職歴と別紙の職務経歴書の違いはざっくりか、詳しくかという違いだけです。
履歴書の職歴の欄に書ききれない業務やスキルなど職務経歴書に書いて下さい。

あなたがしてきた仕事が専門的であればあるほど職務経歴書が真価を発揮します。
採用側はあなたのしてきた仕事を理解した上で採否を考えます。ですから経歴は具体的かつ分かりやすい事に越した事はありません。

スポンサーリンク

履歴書で済むなら職務経歴書なんていらない?


履歴書で伝えられる内容ならそれだけでも構いません。
「いや!私のやってきた事をもっと知ってほしい。」と採用側に願うのであれば職務経歴書は必要ですし、武器にもなるでしょう。

しかし履歴書で済みそうな内容をダラダラ職務経歴書を用いて書くのはお勧めできません。
この部署で、このように仕事をし、このような実績をあげたということを明確に書く事に意味が出てくる書類なのです。

履歴書内の志望動機と職務経歴書同じにしないで!
重複はマイナスポイントです。

書類と分類されるものに一番不必要なものは「重複」です。
あなたが何かの取り扱い説明書を読んでる時に重複内容があったらどう思いますか?
履歴書にある志望動機や職務経歴書も同じです。

採用側を戸惑わせてはいけません。
職務経歴書には形式的な事以外書く必要はありません。

応募した企業に対する気持ちを書く欄は履歴書内の志望動機の欄です。
「同じじゃない文章で書いたら好印象」というわけではありませんので気を付けて下さい。

スポンサーリンク

履歴書でも職務経歴書でも自己PRしていいの?
例えば「同じ」と「重複」 この言葉を聞いてどう思いますか?

職務経歴書にも意欲を感じさせたい!自己PRしたい!
松屋がプレミアム牛丼を出した時、どう思いましたか?
「変わらなくない?」というのが世間の声でした。

自己PRを職務経歴書に書くのは意欲ではなく迷走です。
「同じ事を同じじゃない様に書くのは同じ事です。」
履歴書には履歴書の役目があり、職務経歴書にはその役目があります。

履歴書の職歴が職務経歴書と重複することの是非。

インターネットなどで調べると履歴書に書いた職歴と職務経歴書の内容が重複してはいけないと書いてあることがありますが、そんなことはありません。

例えば履歴書に
年/月 ○社入社 ○課所属 業務内容は別紙参照
と書けば採用側にも分かりやすく親切と言えるでしょう。

重複してはいけないというより、分かりにくいことがいけないのです。

採用側は履歴書を見るのに慣れています。
勿論、職務経歴書も見慣れているのです。

丁寧・親切に書けば理解出来ないなんてありえない事です。
採用側に任せれる部分は任せましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加