履歴書の趣味と特技の書き方

このエントリーをはてなブックマークに追加   

履歴書の趣味・特技欄のベストな書き方


履歴書に趣味・特技といったプライベートを覗かせる。
ゲーム、読書、旅行、スポーツetc

話した事もない人に自分の趣味を言うのは恥ずかしいと思う人もいるかもしれません。
しかし履歴書作成のコツは少々自信過剰になることなのです。
履歴書にあなたの趣味・特技であるゲーム、読書、旅行、スポーツを表記するのは別に恥ずかしい事ではありません。
「無趣味」なんて味気の無い人より断然良い印象を与えます。
もし採用側の人間と趣味・特技が合致すれば面接の際も打ち解けられますし、入社後もコミュニケーションが取りやすくなります。
単純にゲーム、読書、旅行、スポーツと書くよりも、その趣味・特技によって何を得られたかという事を書ければ履歴書の雰囲気はグッと変わるでしょう。

スポンサーリンク

珍しくない趣味・特技でも、完成された履歴書は書けるのです。


趣味・特技は意味こそ違いますが、結果的に「好き」というところに辿り着きます。
例えば「ランニングが好き」と「マラソン大会の記録保持者」のような形です。
確かに履歴書内に実績を書くことは採用への近道だと思いますが、
「私の趣味はランニングで、毎日欠かさず5キロ走っています。」
と書けば採用側に「根気」や「習慣」などを示せます。
趣味・特技は飽くまで骨組みです。
履歴書内はあなた自身で肉付けして真価を発揮します。

履歴書の趣味は後々の話の種になります。

履歴書内で趣味を書くというのは特技を書くより恥ずかしいと思う人もいるかもしれません。
趣味は独りよがりというイメージがあるからかもしれません。
しかし採用側は仕事に関係なければ趣味も特技も過剰に区別しません。
打ち解ける意味でも履歴書に趣味を書くことを勧めます。

スポンサーリンク

本当に特技なのかが重要です。履歴書に書ける武器の確認。

特技はなぜ特技なのかという裏付けが無ければいけません。
人より秀でている事を書くには実績です。
当然実績があれば採用側に好印象を与えられますし、努力も認められます。
履歴書は自分の売り込みですので、実績のある特技はどんどん書いていきましょう。
あなたの特技が企業側にメリットがあるなら胸張って履歴書に書いてください。

履歴書ルールで「特にない」はタブー。
特技は駄目でも趣味なら書けるんです。

趣味・特技がないと言う人をたまに見かけます。日常会話ならそれでいいかもしれません。
しかし、履歴書では趣味・特技を書けない人は採用から一歩遠ざかります。
最低でも趣味だけは書きましょう。
趣味なんてさじ加減はあなた自身なのでなんだっていいのです。
ただし全くやったことのない事は書かないで下さい。
書く趣味の概要をある程度は知っておかなければ、実際に話を振られた時に困ります。
無難なところで先述したランニングなどスポーツ系だと健康的なイメージを採用側に与えられるでしょう。
この場合そのスポーツのルールは最低覚えておいて下さい。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加