履歴書の郵送

このエントリーをはてなブックマークに追加   

履歴書を郵送する上での注意。


履歴書の郵送。速達、書留だと封筒に印字されるの?
ベストな封筒の書き方。

履歴書の書き方に戸惑ってしまい応募期日ギリギリという人や、履歴書がちゃんと届いたかどうか確認したいという人に「速達」「書留」という手段があります。
履歴書の書き方を覚えて気の焦る気持ちは分かります。
履歴書が入った封筒をポストに入れ、「届くかなぁ」と不安になる事もあるでしょう。
書留も速達もメリット・デメリットがあります。
履歴書の封筒に「速達」と書かれていたら採用側はどう思うでしょうか?今回はメリット・デメリットを説明していきます。

スポンサーリンク

履歴書の郵送に不安が残るのであれば。


履歴書の郵送にはやはり不安がよぎるものです。

あなたが気になることは
「間に合うのか?」
「届いているのか?」
という事だと思います。

自分が「これだ!」と思った企業に履歴書を郵送するのは、面接通知がくるまで常に不安と背中合わせです。
郵送する際は宛名や住所を何度も確認し送るのが大事です。
どうしても不安なら、封筒の写真を携帯電話のカメラで撮るのも不安を紛らわす一つの解決策です。

郵送不可!?封筒の書き方を間違えてはいけません。
履歴書の書き方以前に大事な事です。

履歴書が入った封筒の書き方を間違えた為に、採用に至らなかったなんて悔やみきれませんよね。
封筒の表面に応募企業の住所です。

しっかり都道府県から表記されていますか?
会社名だけではどんな有名な会社でも履歴書は届きませんよ。

封筒に貼った切手は料金が足りていますか?
足りないかもと思った時は郵便局窓口まで足を運んで郵送料金を聞いてみてください。

履歴書の書き方に気を取られがちですが、封筒の書き方、郵送にも注意が必要です。

スポンサーリンク

履歴書を郵送する手段。
「速達」「書留」のメリット・デメリット。

心配性のあなたは履歴書が応募企業に着いた事を確認したいと思うはずです。
書留という郵送手段を使うと確認が出来ます。
しかし、書留は宛名の方にサインをもらわなければいけないのです。

それを面倒だと思う会社もあるでしょう。
応募企業に面倒をかけてはいけません。

書留以外でも特定記録という郵送方法があります。
郵便料金に上乗せ160円で宛名に届いたかどうか知らせてくれるオプションサービスです。

次に速達ですが、最終手段にしましょう。
確かに履歴書受付期間がギリギリだと速達を選択した方がいいのですが、封筒に速達と印字されます。

その焦りが応募企業に伝わり「余裕がない」と悪印象を持たれる可能性もあります。
普通郵便の到着目安は長くても4日です。受付期間の一週間前には履歴書を出すように心がけましょう。

書留での履歴書郵送に残る不安。

履歴書を書留で郵送するには料金(430円)が掛かります。
さらには応募企業の手間を増やすというデメリットがあるのです。
結局、書留という郵送方法は出す側の安心感しかメリットがないということになります。

履歴書を送るという事は応募企業の顔を最大限に立てなければいけません。
書留だと確実に印象が悪くなるという事はありません。
寧ろ何も思わない企業が多いかもしれません。
しかし採用への不安要素は残さない事が得策です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加